このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 自己処理はデメリットが多い!VIO脱毛は脱毛サロンがおすすめ!

自己処理はデメリットが多い!VIO脱毛は脱毛サロンがおすすめ!

181view

2018.01.23

自己処理のデメリット

手間に見合うメリットが少ない

VIO脱毛を自分でする時には毛抜き、カミソリ、電気シェーバー、脱毛ワックス、除毛クリームを使用することが多いです。VIO周辺は自分で処理がしやすいVライン以外は、見えにくく処理もしにくいのでムダ毛の処理に時間がかかります。人によって脱毛の方法は違いますが、自己処理はそれぞれにデメリットがあるので、上手く使い分けて処理する必要があります。

カミソリはもっとも使用する人が多いですが、肌の角質にもダメージを与える可能性があるので、デリケートな部位にはあまり適しません。

電気シェーバーは深く剃れないので、見た目もあまり良くない仕上がりになることもあります。

脱毛ワックスは毛抜きと同じように、強引にムダ毛を引き抜く方法なので、VIO脱毛には向かないでしょう。

痛みが少ない除毛クリームは薬剤が強いので、デリケートなIOラインには使用できないことが多いです。自己処理にはそれぞれデメリットが生じますし、ムダ毛の処理に時間をかけても、手間に見合うだけの効果が期待できないこともあります。

肌トラブルが起きやすい

自分でVIO処理をしている人も多いとは思いますが、VIO処理を自分で行うことによるデメリットはあります。カミソリや毛抜きで、自分でムダ毛の処理をすることで、毛嚢炎や埋没毛などの肌トラブルになる可能性があります。毛嚢炎は雑菌が毛穴に入ってしまう肌トラブルで、埋没毛は毛を抜いた後に皮膚の膜の下で毛が成長する状態です。

どちらも見た目が悪くなりますし、VIO周辺はデリケートな部位なので清潔な状態にすることが大切です。見た目を自分で綺麗にしようとした結果、逆に見た目が悪くなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

黒ずみになりやすい

肌はダメージを受けることによって、色素沈着を起こすことがあります。これは肌を守るメラニンが過剰に分泌されることによって、肌が黒ずんでしまうことが要因です。そのため肌にダメージが多い脱毛は、色素沈着によって肌が黒ずんでしまう可能性があるので注意しなければなりません。毎回カミソリで脱毛すると肌にダメージを与えているので、色素沈着が起きやすくなります。

特に肌が白い人にとっては、黒ずみやシミの原因となって目立ってしまうので、ダメージを与えないように丁寧な処理が大切です。

脱毛サロンのメリット

見えない部分も脱毛できる

VIO脱毛のメリットは自己処理では難しい部位も、丁寧に脱毛処理をしてもらえることです。全身脱毛をする時に気になるのは、自分でムダ毛の処理ができない部位です。VIO部分だけではなく背中やうなじなど、自分では見えない部位も脱毛できるのが全身脱毛のメリットです。脱毛サロンでは全身を丁寧に脱毛してもらえますし、痛みが少ないので手軽に脱毛することができます。

自分では見えない部位でも回数を重ねるごとに綺麗に脱毛できるので、仕上がりもムラなく綺麗に仕上げてくれます。見えない部分のムダ毛は気になりますが、全身脱毛することによってムダ毛の悩みから解放されます。

痛みが少ない

脱毛サロンでの施術は光脱毛なので、痛みが少ない施術を受けることができます。口コミでは痛みが少ないといっても、やはりVIO部位は痛みを感じる人もいるようです。痛みを感じる要因としては毛が太く密集していたり、毛が深く埋まっているほど痛みを感じやすくなります。

VIO部位はデリケートな部位でもあるので、敏感に痛みを感じやすいです。そのため痛みを感じる人も多いですが、チクっとした痛みなので耐えることはできます。口コミでは回数を重ねるごとに痛みも和らいでいく人も多く、初めの3回くらい我慢すれば痛みも少なくなるようです。

脱毛するには無痛というわけにはいきませんが、光脱毛は我慢できる痛みです。それでも痛みを感じる人には出力を抑えれば痛みを軽減できるので、痛みに対する不安を感じなくてもいいでしょう。

VIO脱毛のメリット

自己処理をしなくていい

全身脱毛をする時にVIO脱毛をするか悩んでしまうかもしれませんが、VIO脱毛にはメリットが多いです。まず脱毛サロンで施術を受けることによって、自己処理をしなくて済みます。VIO脱毛を自己処理でするのは手間がかかりますし、肌トラブルになりやすいデメリットもあります。

気になった時に自分なら手軽に脱毛処理もできますが、定期的に処理をしなければいけないので、面倒に感じるでしょう。VIO脱毛が完了すればムダ毛を気にすることもないですし、面倒な自己処理から解放されるのでおすすめです。

見た目が綺麗

自己処理でVIO脱毛をすると、肌トラブルだけでなく黒ずみの原因にもなりやすいです。一度肌トラブルが起きてしまうと何度も同じような症状が起きやすいので、できるだけ肌にダメージを与えないことが大切です。

カミソリで定期的に脱毛することで、肌には毎回ダメージを与えていることになります。すると色素沈着が起きやすく黒ずみになりやすくなり、見た目も悪くなるのでおすすめできません。脱毛サロンでVIO脱毛をすることによって、自分では処理が難しいIOラインも綺麗に脱毛してもらえます。光脱毛は照射の強さも調整できるので、痛みが少なく肌トラブルにもなりにくいです。そのため綺麗に脱毛できるメリットがあります。

清潔感を保てる

全身脱毛をする時にVIO部位の脱毛をどうするか、悩む人も多いでしょう。日本人はまだVIO脱毛に対して、積極的に行う人は少ないです。IOラインは脱毛しても、Vラインはあまりしない人も多いようです。VIO脱毛の効果としては清潔感を保ちやすくなるメリットがあります。

特に女性は生理があると蒸れやすくなるので、ムダ毛がない方が清潔に保ちやすくなります。デリケートな部位なので常に清潔に保つことが大切ですが、VIO脱毛の効果によって清潔感を保ちやすくできます。VIO脱毛に抵抗がある人もいるかもしれませんが、メリットは多いのでおすすめします。

VIO脱毛の注意点

前処理をチェック

VIO脱毛をする時には自分で前処理をしなければなりません。全身脱毛をする時も同じですが、ムダ毛を処理する時に毛が長いと照射の効果が毛根まで届きにくいからです。ムダ毛が長いことによって脱毛効果が弱まってしまうので、脱毛する前には自分で処理をしなければなりません。前処理をする時は肌にダメージを与えてしまうことになるので、できれば前日か2日以内にムダ毛を処理しましょう。

お店によってはシェービングサービスをしてくれることもありますが、サロンによって対応が違うので確認することが大切です。VIO脱毛など自分で処理しにくい場所は、施術の前にスタッフがやってくれることもありますし、有料で剃ってくれるサロンもあります。前処理はできれば自分でやっておくことをおすすめするので、忘れないようにしましょう。

Vラインをどうするか確認

VIO脱毛をする時に気になるのは、脱毛部位をどうするか事前に決めておくことです。IOラインに関しては自分で処理が難しいので、脱毛サロンでやってもらうことをおすすめします。しかし悩むのがVラインの処理で、ツルツルにするか少し毛を残すかによって変わってきます。

また毛を残す時にもどのくらいの薄さで残し、見た目の形をどうするか決めなければなりません。Vラインをツルツルにするのは抵抗がある人にとっては、残した形をどうするか決めなければいけないので、事前にしっかりと考えておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る