このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 興味はあるけど抵抗もある!VIOラインってどうやって脱毛するの?

興味はあるけど抵抗もある!VIOラインってどうやって脱毛するの?

488view

2018.01.23

恥ずかしくてなかなか聞けないVIOラインの施術時の格好や体勢

施術を受ける際の服装について

たとえば、全身脱毛の場合には全身のムダ毛を処理することになりますから、服を全て脱いでガウンを羽織り、施術部位を露出していきながら照射していくという方法が一般的です。

VIOラインの場合は上半身を露出する必要がないため、基本的には上はそのままで下のみを脱ぎ、紙パンツを履いてガウンを羽織るか大きめのタオルを巻いて施術台に横になるという方法が多く見られます。

ただ、脱毛サロンによって施術時の格好には違いがあり、紙パンツを用意しておらず自前の布面積の小さいパンツを利用できる場合もあったり、パンツそのものを使用せず、ガウンの下は裸だったりするところもあります。初回カウンセリング時に服装に関する説明を受けますから、指示に従うようにしてください。

脱毛サロンのホームページなどで施術方法に関する情報を調べられますので、不安があれば確かめておきましょう。

あまり気構えずに行えるVライン脱毛

Vライン脱毛は、正面から見て太腿の付け根付近から中央に向かって生えているビキニラインのムダ毛が対象です。Vライン上部の施術を含め、施術時には仰向けに横になり足を閉じた状態で行われます。

紙パンツやガウンを少しずつずらしていきながら、照射する範囲のみを露出して照射が行われますし、性器が露出する心配もないのであまり羞恥を感じずにいられてそれほど緊張することはありません。

性器周りの施術に抵抗を感じやすいIライン脱毛

Iライン脱毛は、性器の周辺に生えている縦のラインのムダ毛が対象になります。施術時には左右のムダ毛を順番に照射していくことになり、仰向けになった状態で照射するほうのヒザを立て、足を開いて部位を露出させながら行われます。

紙パンツやタオルをずらし、可能な限り性器が晒されないように配慮しながら施術が行われますが、同性のエステティシャンが相手でも抵抗を感じる方は少なくありません。ただ、照射対象となる面積が小さいため、施術はあっという間に終わってしまいます。

体勢から恥ずかしさを感じがちなOライン

肛門付近のムダ毛を脱毛するOラインの施術は、うつ伏せになるか四つん這いの状態になって行われます。足を広げても見えづらいところに生えているムダ毛のため、エステティシャンも2人がかりで行われ、1人がお尻の肉を持ち上げて部位を露出させ、もう1人が照射を担当するのが一般的です。

体勢もあり、Iラインと同様に人目に晒すのには非常に恥ずかしい部位ですが、やはり照射する範囲が大きくないため1回にかかる時間は5分から10分程度と短めです。少し我慢をすればすぐに終了します。

VIOライン脱毛に不安になるのは最初だけ

恥ずかしさは徐々に慣れていく

口コミを見ても、施術前に感じていた羞恥心は少しずつ慣れて感じなくなっていくという声が多くあります。エステティシャンは数多くの利用者のいろいろなVIOラインを見てきていますので、痛みのないように、トラブルが出ないように注意深く照射を行っていくことに集中し、性器やムダ毛の状態を気にすることはありません。

また、気が紛れるように話しかけたり、なるべく事務的に作業を行うようにしてくれたりするなど、利用者の気持ちになって配慮しながら施術していってもらえます。施術前に不安があっても、1回実際に体験してみたら想像していたよりも恥ずかしさはなかったと感じる方がほとんどです。

脱毛して正解だったと満足度が高い

衛生的になって煩わしさがなくなり、見た目も整うなどVIOラインの脱毛はメリットが豊富です。完了までにはある程度長い期間がかかりますが、回数を重ねて徐々に効果が現われてくるにつれて、自己処理の必要もなくなっていき快適になります。

VIOラインは脱毛をしてよかったと感じる方が多い、脱毛サロンでも人気の施術部位です。ムダ毛が気になる場合には躊躇をせず、まずはカウンセリングを受けに行き話を聞いてみることをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る