このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 VIO脱毛は恥ずかしい?脱毛処理の流れとVIO脱毛のメリット!

VIO脱毛は恥ずかしい?脱毛処理の流れとVIO脱毛のメリット!

221view

2018.01.23

VIO脱毛をする前に考えておくべきこと

どこまで脱毛するか

脱毛サロンで全身脱毛をすることによって、痛みの少ない施術を受けることができます。特に痛みを感じやすいVIO脱毛は不安になることも多いので、事前によく考えてから施術を受けることをおすすめします。まずVIO脱毛をする時にはどこまで脱毛するか考えておくことが大切です。VIO脱毛する時には恥ずかしさもあるので、脱毛するか悩んでしまう人も多いでしょう。

自己処理の面倒さを考えればVIO脱毛をしたいと思っても、VIO脱毛する時には恥ずかしさもあります。しかし自分では脱毛しにくい部位なので、VIO脱毛でもIOラインについては脱毛する人が多いようです。問題はVラインをどうするかで悩む人も多く、口コミでもIOラインは脱毛するがVラインは残す人が多いようです。

脱毛するからといってツルツルにする必要はないので、どこまで脱毛するかを考えておくことが大切です。

残すなら形を決めておく

VIO脱毛をする時に気になるのがVラインです。

Vラインを残したいと思った時には、デザインを考えなければなりません。ナチュラルな形で整えるだけにもできますし、形に合わせたトライアングルやIラインに脱毛することもできます。遊び心でハート形に脱毛することもできるので、自分がどの形になるように残したいかを決めておきましょう。シンプルな形で揃えるだけのナチュラルやトライアングルの形は、一般的なので多くの人が選びます。

口コミでもほとんどの人はこのナチュラルかトライアングルの形にする人が多いようです。Iラインにすると下着をつけても横からムダ毛がはみ出す心配もないので、際どい下着を履けるメリットがあります。

シンプルな形に残したいのであれば、Vラインだけを残してIOラインは脱毛することをおすすめします。

見られた時の対応

Vラインをツルツル状態のハイジニーナにしようと考えているなら、見られた時のことを考えておきましょう。日本人の多くはまだツルツル状態のハイジニーナにはしていないので、見られた時に恥ずかしいと思うことも多いでしょう。

男性も女性と関係を持った時にハイジニーナの人は少ないので、見られることによって恥ずかしさを覚えます。パートナーだけでなく温泉や銭湯などに行った時に、他の女性に見られた時も珍しがられるかもしれません。欧米ではハイジニーナが主流でエチケットになっている国も多いですが、日本では珍しいので恥ずかしい思いをするかもしれません。自分が見られた時に堂々としていられるかも重要です。

VIO脱毛のメリット

ムダ毛が気にならなくなる

脱毛サロンで全身脱毛をする時には、一緒にVIO脱毛をすることがおすすめです。VIO脱毛をすることによってムダ毛の処理を自分でしなくて済みますし、ムダ毛の処理は肌にダメージを与えてしまうので、黒ずみや肌トラブルの原因となります。

デリケートな部位なので丁寧に脱毛しても、定期的に脱毛することで肌はダメージを受けやすくなっています。そのためムダ毛だけでなく肌の状態も気になってしまうでしょう。VIO脱毛をすることによってムダ毛の自己処理をしなくて済むので、ムダ毛や肌トラブルの心配も軽減できるメリットがあります。

臭いを軽減できる

女性は生理になった時にムダ毛があると、どうしても蒸れやすくなってしまいます。下着の中が蒸れてしまうと衛生的にも悪い環境になりやすく、VIO部分はデリケートなので清潔に保つことが大切です。VIO脱毛の効果は蒸れを防ぎやすくなり、衛生的にも良い環境にしてくれます。衛生環境が悪くなると臭いも出やすいですが、清潔に保つことで臭いの軽減にも繋がる効果が期待できます。

女性にとっては大きな問題なので、VIO脱毛によって良い環境作りをすることができます。

VIO脱毛の流れ

Vライン

Vラインの脱毛の流れとしては、初めにアンダーヘアの形を決めます。ナチュラル、トライアングル、ハイジニーナなど、自分の好みのアンダーヘアの形を決めます。Vラインの施術に関しては光脱毛なので痛みを感じにくいですが、デリケートな部分なので他の部位よりは痛みを感じます。施術の時間は数分程度で終わるので、痛みに対する心配も少なくて済みます。Vラインの脱毛ではアンダーヘアをどうするかで悩む人が多いですが、迷った時は自然な形にしておくことをおすすめします。

後から脱毛することもできるので、Vラインに関しては後悔しないように考えておきましょう。

Iライン

VIO脱毛の中でもIラインが一番痛みを感じやすい部位です。光脱毛は照射効果が弱いですが、それでも痛みを感じる時は出力を弱くすることで対応します。Iラインを脱毛する時は恥ずかしさと共に痛みを感じやすいですが、何度か回数をこなすことで慣れてきます。初めは痛みを感じますが回数を重ねるごとに痛みも軽減するので、安心して施術してもらえます。

恥ずかしい格好での施術になりますが、スタッフは慣れているので淡々と施術をしてくれます。施術時間も短いので、恥ずかしいのは初めだけですぐに慣れるはずです。

Oライン

VIO脱毛の中で施術範囲が狭いのがOラインです。お尻の穴の周囲だけですが、自分では自己処理できない部位です。女性はムダ毛が生えにくい部位ですが、実際にはどうなっているか見えないので、脱毛することで安心できます。Oラインの脱毛は施術範囲も狭いので、すぐに施術も終わってしまいます。施術時間も短い部位なので、それほど恥ずかしさもなく施術ができるはずです。

施術中の服装

脱毛サロンによって服装は違う

VIO脱毛をする時に気になるのは、どんな格好で施術をするかです。全身脱毛をする流れであれば裸で施術を受けますが、もちろんタオルなどで隠してくれます。VIO脱毛の時は下着は脱いで、基本的には腰にタオルを巻いてくれます。

脱毛サロンによって服装は違いますが、恥ずかしくない格好で施術をするように配慮してくれるようです。自分の下着は脱いで紙パンツで施術を受けたり、施術がしやすいショーツを履くこともあります。常に裸の状態でタオルをかけられて、脱毛部位によってその都度めくりながら施術をするサロンもあります。施術中の服装はサロンによって違いがありますが、基本的には上半身は裸で下に何か履くタイプが多いようです。

相手は女性スタッフなのでそれほど気にすることもありませんが、恥ずかしい人は事前にチェックしておくのもいいかもしれません。

施術の体勢

施術中の服装も気になりますが体勢も気になります。相手が女性スタッフでも恥ずかしい恰好をさせられたり、見られたりするのは嫌だと思う人も多いでしょう。

VIO脱毛をする時の基本はできるだけ恥ずかしくないように、施術する部位だけしか見えないように配慮してくれます。Vラインでは仰向けになって足を閉じた状態なので、それほど恥ずかしさも感じないでしょう。タオルを巻きながら施術部位だけが見えるようにして、めくりながら脱毛することが多いです。Iラインの施術は仰向けになって、片足ずつ横に足を開いて施術をします。Oラインの施術は仰向け、横向き、うつ伏せなど、サロンによって体勢が異なるようです。

VIO脱毛は恥ずかしさがありますが、できるだけ恥ずかしくないように手早く施術をしてくれるので、ちょっと我慢すればすぐに施術も終わります。施術時間は5分から10分程度で終わることが多いので、それほど気にせず安心して施術が受けられます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る