このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 全身脱毛はどこまでやってる?気になるVIO脱毛の実態!

全身脱毛はどこまでやってる?気になるVIO脱毛の実態!

255view

2018.01.23

VIOラインの概要

ムダ毛の処理をする時に気になるのはVIO部分の脱毛ですが、どの範囲がVIO部分になるのでしょう。脱毛サロンによってVIO部分の範囲も異なることもありますが、ある程度自分で場所を知っておくことは大切です。Vラインは足の付け根の部分なので、ビキニラインになります。

女性はムダ毛が目立って生える部分はアンダーヘアですが、トライアングルもしくはVラインの上と呼ばれることが多いです。Iラインは足の付け根と陰部周りになり、Oラインは肛門周辺になります。Oラインは肛門周辺なので、お尻の脱毛とはまた別になるので注意しましょう。

VIO脱毛はそれぞれの部位を別々に脱毛することもできるので、ビキニラインだけが気になる人は、Vラインだけを施術することになります。

VIO脱毛のメリット

衛生的に良い

全身脱毛をする時に気になるのがVIO脱毛です。全身脱毛をすることで見た目にも綺麗になりますが、VIO部分の脱毛をどうするか悩みます。特にアンダーヘアの脱毛に関しては自然体のままか、少し手入れをするか、ツルツルのハイジニーナにするか考えなければなりません。

VIO脱毛することのメリットとしてはデリケートな部分なので、脱毛して蒸れにくくなると衛生的にも良い環境にすることができることです。女性はどうしても生理があるので、生理中は蒸れやすくなります。蒸れることでムダ毛に付着している細菌が繁殖しやすい状態となり、衛生面も悪くなります。

衛生環境が悪くなると臭いの原因にもなるので、アンダーヘアをケアすることで臭い対策にもなります。欧米ではハイジニーナがエチケットになっている国もあるくらいなので、海外ではハイジニーナは標準に近いといえます。日本だけでなくアジアではハイジニーナよりもナチュラル派が一般的ですが、衛生的なことを考えるとVIO脱毛は積極的にしたいです。

自己処理の手間が省ける

VIO脱毛をすることによって自分でムダ毛の処理をしなくても済みますし、肌トラブルを未然に防げるメリットもあります。ムダ毛の処理をする時には、口コミでも多くの人がカミソリを使用しています。いつでも気軽に自己処理ができますが、カミソリはムダ毛の処理と共に、自分の肌にダメージを与えてしまいます。

脱毛の回数を重ねるごとに皮膚が受けたダメージが蓄積されていくので、肌トラブルを引き起こすこともあります。肌が弱い人はカミソリ負けをして赤く腫れてしまいますが、肌がダメージを受けている証拠です。

肌がダメージを受けることのデメリットとしては、色素沈着が起きやすいことです。色素沈着はシミや黒ずみの原因となるメラニンが多く分泌されている状態で、肌が傷つくと分泌されやすい物質です。

脱毛サロンの光脱毛によって施術を受けることによって、肌へのダメージを少なくしながら脱毛ができます。痛みを感じるほど肌はダメージを受けますが、光脱毛は照射効果が弱いので痛みも少なく、肌へのダメージも抑えることができるのです。

ムダ毛の自己処理をしないことで肌トラブルを未然に防げるので、特にデリケートなVIO脱毛は脱毛サロンで行う方がおすすめです。

VIO脱毛のデメリット

痛みを感じやすい

口コミでもVIO脱毛をする時の痛みに対する不安が多いので、脱毛するか悩む人も多いようです。痛みは脱毛する時には仕方ありませんが、特にVIO脱毛は敏感な部位なので痛みを感じやすいです。Vラインやアンダーヘアよりも、IOラインの方が痛みを感じやすいですが、光脱毛なので我慢はできる程度の痛みです。

回数を重ねるごとに痛みに対しても慣れてきますし、毛が薄くなるほど痛みも少なくなっていきます。そのため初めは不安かもしれませんが、回数を重ねていけば不安も軽減できるはずです。光脱毛でも脱毛する時には痛みを伴い、無痛での脱毛はできません。

ですが光脱毛は医療脱毛より脱毛効果がそれほど高くないので、痛みもそれほど強くなく、不安に思うことはありません。VIO脱毛は痛みを感じやすいのでデメリットに思いますが、出力を抑えて施術もできるので痛み対策をしてもらえます。

男性の目が気になる

VIO脱毛をするとアンダーヘアの形を決めますが、どの形にしても男性の目線が気になってしまいます。脱毛処理を自分でする人の多くは、ナチュラルな形にしているので、端のムダ毛だけを少し処理するだけの人も多いです。しかし脱毛サロンでVIO脱毛をした時に、アンダーヘアの形に凝ったりハイジニーナにすることで、男性の目が気になります。

男性からするとアンダーヘアをしっかりケアしている女性は、肉食系の女性か遊んでいそうなイメージがあるようです。口コミでもアンダーヘアを見せる機会が多いからこそケアしているので、遊び慣れている女性のイメージが強いようです。女性の身だしなみとしてケアするものですが、あまりにも凝ったデザインにすると、男性には不評に思われてしまうこともあります。

それでも徐々にアンダーヘアをケアする女性も増えていますし、男性もメンズ脱毛サロンができるなど、脱毛に関して理解してくれる男性が増えているのも事実です。

恥ずかしい気持ちがある

全身脱毛によってムダ毛を処理したい気持ちはあっても、VIO部分はどうしても恥ずかしい気持ちが先行してしまいます。そのためVIO脱毛に関しては消極的になってしまうデメリットもあります。確かに初めは恥ずかしさを感じますが、慣れてしまえばすぐに施術も終わってしまいます。

VIO脱毛は10分前後の時間で終わることが多いので、全身脱毛の流れで行えばすぐに済みます。施術をする時には当然ながら裸になりますが、極力恥ずかしくないようにタオルをかけたりして、スタッフからも見えないように気遣ってくれます。

何度も通うことになるので初めは恥ずかしい気持ちもありますが、だんだんと慣れてくるので気にならなくなるようです。

VIO脱毛で迷うのはアンダーヘア

アンダーヘアをどのように処理するかを考える

アンダーヘアの処理をする時には残すか全部剃るかを決めましょう。IOラインは綺麗に脱毛することがおすすめですが、アンダーヘアに関しては自分の好みで残す人も多いです。ハイジニーナのメリットは衛生面を考えると一番おすすめですし、自己処理もしなくて済むので非常に楽です。

際どい下着を履くこともできるので夏場にいちいちムダ毛を気にすることもありません。ハイジニーナは思っているよりも快適ですが、ハイジニーナにしたことによる羞恥心に対して、自分がどう思うかです。女性とすれば綺麗になった自分を見てもらいたいものですが、周りに自分だけしかハイジニーナにしている人がいないと、見せるのが恥ずかしくなります。

アンダーヘアの処理は衛生面や見た目を考えても、しっかりと処理をすることをおすすめしますが、恥ずかしさに対する自分の考えとのバランスが大切です。

アンダーヘアを残すならデザインにこだわる

アンダーヘアを残したいのであればデザインにこだわりましょう。アンダーヘアはトライアングルと呼ばれる部分なので、ナチュラルに三角形の形に残すのが自然です。その他には少し丸みを帯びたオーバルタイプ、ハミ毛を防止できるスクエアタイプがあります。

それぞれの形と大きさは自分の好みによって決められるので、見た目にも綺麗な形に整えましょう。ちなみにアンダーヘアをハート型にすることもできるので、遊び心のある形に脱毛することもできます。アンダーヘアのデザインはいろいろあるので、お好みの形に脱毛しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る