このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 脱毛サロンで使われている脱毛マシンに違いってあるの?

脱毛サロンで使われている脱毛マシンに違いってあるの?

204view

2018.01.23

脱毛サロンで使われるマシンの違いを徹底調査!痛みや効果の違い

脱毛マシンはサロンによって違う

脱毛サロンと医療脱毛のマシンの違い

脱毛を考える上で最初に決めなくてはならないのが、脱毛サロンでの脱毛か、医療機関での脱毛か、どちらを選ぶかです。脱毛サロンと医療機関では脱毛の方法が違い、使用するマシンの仕組みも異なります。

サロンの脱毛の仕組み

脱毛サロンでは、光脱毛という方法で脱毛を行います。脱毛サロンによって、光脱毛、フラッシュ脱毛など呼び名は変わりますが、基本的には原理は同じです。ムダ毛の毛根に脱毛効果のある光を照射し、毛根にダメージを与えてムダ毛の量を減らしていきます。肌へのダメージが少なく、痛みの少ない脱毛ができるのが特徴です。

医療機関の脱毛の仕組み

医療機関での脱毛は、レーザー光線を肌に照射し、毛根にダメージを与えて脱毛します。サロンでの脱毛に比べてレーザー脱毛は光の出力が強いため、医療機関でしか施術を受けられません。脱毛効果は高いですが、その分肌に与えるダメージや痛みは強くなります。

良い脱毛マシンのポイントとは

脱毛サロンの場合、医療行為であるレーザー脱毛を行う事ができないため、ほとんどの脱毛サロンで光脱毛マシンを導入しています。種類や性能が異なるため、自分に合った脱毛マシンを選ぶのが大切です。

良い脱毛マシンの条件は、次の3つです。

  • 痛みが少ない
  • 脱毛効果が高い
  • 施術スピードが早い

この3つの条件のレベルが高いほど、良い脱毛マシンといえますが、全ての条件を満たすのはなかなか難しいです。たとえば、脱毛効果が高いという事は、それだけ毛根にダメージを与える力が強いという事になります。

毛根への刺激が強いと、その分痛みを感じやすくなってしまいます。また、痛みを抑えて施術スピードを上げる事で、反対に脱毛効果が弱まってしまうという事もあるのです。

しかし、全身脱毛が一般的になるにしたがって、脱毛マシンの性能も飛躍的に向上してきました。今では、短時間の施術で安全にしっかり脱毛できるマシンも多いです。特に、大手脱毛サロン各社は独自の技術開発により、日々脱毛マシンの性能を進化させています。

光脱毛マシンの種類の違い

光脱毛マシンは、IPL脱毛とSSC脱毛と呼ばれる2つの脱毛方式が主流です。どちらも毛根にダメージを与える仕組みですが、少しずつ性能に違いがあります。

IPL脱毛とは

脱毛サロンやエステサロンで幅広く使われているIPL脱毛は、intense pulsed light(インテンス・パルス・ライト)と呼ばれる光を肌に照射する方式の脱毛マシンです。インテンス・パルス・ライトを肌に照射する事で毛根のメラニン色素に反応し、毛根を弱らせて脱毛を促進します。IPL脱毛は多くの脱毛サロンで使われている現在主流の脱毛マシンです。

IPL脱毛で使用するマシンは、もともとエステサロンで使われているものでした。実はインテンス・パルス・ライトには美肌作用があり、ニキビ跡や肌の赤み、毛穴の引き締めなどに効果があるとされています。そのため、IPL脱毛のマシンによる施術を受ける事で、脱毛後の素肌が綺麗になるという嬉しいメリットがあります。肌に優しく、脱毛の際の痛みも少ないため、顔やVIOゾーンのムダ毛処理にも向いています。

SSC脱毛とは

SSC脱毛は、IPL脱毛と並んで幅広く採用されている脱毛マシンです。SSCとはスムーススキンコントロールの略で、痛みを軽減し肌へのダメージを抑えます。SSC方式の最大の特徴は、抑毛効果のある粒が配合されたジェルを肌に塗って光を照射する事でムダ毛の成長を抑える事です。

IPL方式のように毛根に直接ダメージを与えるのではなく、ジェルと光の効果で発毛を抑えるため、痛みはほとんどありません。VIOの処理でも、痛みをほとんど感じなかったという口コミもあります。ただし、肌へのダメージが少ない分、脱毛にかかる回数や時間がかかってしまうというデメリットもあります。

光脱毛マシンは何がおすすめ?

多少痛みがあっても早く脱毛を進めたいという方はIPL脱毛、ゆっくりでも痛みの少ない脱毛がいいという方はSSC方式がおすすめです。どちらの脱毛マシンも光を使った脱毛マシンなので、肌に優しく、美肌にも効果が期待できます。自分がどのように脱毛を進めたいかを考えて、自分に合ったマシン選びをしましょう。

日本製の脱毛マシンがおすすめの理由とは?

脱毛サロンの脱毛マシンは、一昔前までは海外製のものが主流でした。しかし、海外製の脱毛マシンは外国人の肌質や毛質に合わせて作られているため、デリケートな日本人の肌には出力が強すぎて、肌トラブルを引き起こしてしまう事もありました。

また欧米人に比べ日本人のムダ毛は細くて薄いという点もネックです。しかも、海外製の脱毛マシンはメンテナンスも難しく故障しやすいというデメリットもありました。

安全に痛みのない脱毛をするなら、国産の脱毛マシンがおすすめです。日本人の肌質や毛質に合わせて調整されているため、デリケートな日本人の肌に優しく脱毛ができます。もちろん、メンテナンスや設定もしやすいため、海外製の脱毛マシンに比べて様々な点でメリットがあります。

脱毛サロン各社によるマシンの開発

脱毛業界が盛り上がってくるにつれ、脱毛サロン各社で独自の研究が進められるようになりました。大手の脱毛サロンでは独自の脱毛マシンを開発しており、それぞれの脱毛サロンで効率が良く安全な脱毛が研究されています。

初回の無料カウンセリングの際には、その脱毛サロンがどのような脱毛マシンを導入しているか確認するのがおすすめです。日本製のもので、日本人向けに研究されている脱毛マシンであれば安全と言えます。

連射式の脱毛マシンなら早くて痛みが少ない

脱毛は時間がかかるというのはもう古い!

口コミサイトなどで、脱毛の施術に時間がかかって大変だったという口コミを読んで、脱毛は時間がかかるというイメージを抱いていませんか?けれども、こうした口コミや評判はもう過去のものです。ここ数年で、連射式の脱毛マシンの導入が進み、1回の施術が従来の半分以下で終わるようになりました。

これまで全身脱毛にかかる時間は2時間、3時間は当たり前でした。しかし、連射式の脱毛マシンでの施術なら、全身脱毛が最大でも100分程度で終わります。

連射式脱毛マシンのメリット

連射式脱毛マシンは、ヘッドから照射する光が点滅するため、光の熱がこもらず、痛みもほとんどありません。そのため、光を照射しながら肌の上をスライドさせる事ができるので、連続で光を照射しながら脱毛する事ができます。

従来の脱毛マシンは、熱と痛みを抑えるため、1回光を照射したらヘッドをずらし、再度光を照射するという繰り返しでした。そのため、照射の回数と時間がかかる上に、照射漏れが起こる可能性も高く、安定した脱毛施術が難しい面がありました。そのため、早く確実に脱毛できる連射式脱毛マシンが今は主流となっています。

連射式脱毛マシンのデメリット

メリットばかりに思える連射式脱毛マシンですが、実はデメリットもあります。従来型の脱毛マシンに比べて、連射式脱毛マシンは光が点滅するため、脱毛効果は若干低くなります。また、肌を滑らせながら連射するため、1カ所あたりに伝わる光も少ないです。そのため、時間はかかっても1回の施術でしっかりムダ毛に刺激を与えたいという方は、連射式脱毛マシンではなく、従来型の脱毛マシンの方が向いています。

もちろん、連射式脱毛マシンも年々進化を続けています。そのため脱毛効果の違いもだんだん気にならないレベルになってきています。どのような脱毛マシンを選ぶかは、自分に合わせて好きに選ぶのが一番です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る